教えて!老人ホームの選び方
健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームとは


健康型有料老人ホームとは、介護の必要が無く、生活の自立ができる60歳以上の高齢者のための施設です。
万一の時、食事の支度など家事が面倒だったり、一人暮らしに不安を感じる、同世代の方々と楽しい時間を過ごしたいと考えている方の利用が多いようです。
自立といっても必要に応じて食事の支度や掃除、洗濯の世話などの家事代行や見守り、緊急時の対応などのサービスを受けることができます。
元気な方が日々の生活を充実して過ごせるよう、レクリエーション設備が充実している施設が多くあります。

 

運営:民間企業、NPO法人他

 

健康型有料老人ホームの入居条件

前述したとおり、介護の必要がなく、自立した生活ができる概ね60歳以上の高齢者が対象になります。入居中に認知症を発症したり、要介護認定を受けたりすると退去させられることがあります。
また、日常的な医療ケアが必要になった時も退去しなければなりません。

 

健康型有料老人ホームの設備

一般的なマンションのように居室も13㎡以上の広さがあり、浴室やキッチン、トイレが完備され、プライバシーが確保されています。
共用スペースとして温浴施設・トレーニングルーム・レストランのほか、カラオケやマージャン、図書室、園芸、アトリエなど趣味を楽しむ娯楽施設があったり、フロントにコンシェルジェを常勤させているホームもあります。
そのほか、健康管理室に嘱託医が訪問したり、提携する医療施設から派遣された看護師が常勤する場合もあります。

 

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームの入居には初期費用(入居一時金)と月額利用料(家賃・管理費・食費・サービス利用料など)が必要になります。
施設のある地域、設備、スタッフの数などによって初期費用は0~数千万円、月額利用料は10~40万円程度と、かなり差があります。一般的に健康型有料老人ホームの入居一時金は高めに設定されています。

 

健康型有料老人ホームのメリット

・ほとんどの家事を施設スタッフに依頼できます。
・3食の食事を施設内のレストランで摂ることができる。
・シニアライフを楽しむための図書室やスポーツジムなどの設備が充実しています。
・外部サービスを利用することで、軽度の要介護状態に対応可能です。
・外部サービスを利用することで、健康状態を管理できます。

 

健康型有料老人ホームのデメリット

・重度の介護度では、基本的に住み続けられない。
・要介護度が高いと介護サービス費用が割高になる。
・一般的に入居一時金や利用料が高い。

 

最近の健康型有料老人ホームでは、
このように、ほとんどの家事や雑事を施設スタッフに依頼したり、ホテル並みのサービスを受けることができますが、必然的に入居一時金や利用料金が高く設定されていますので、老人ホーム紹介サイトなどでも、紹介施設数は少ないようです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓