教えて!老人ホームの選び方
教えて!老人ホームの選び方 > 老人ホーム施設の種類 > 特別養護老人ホーム(特養)とは
特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホーム(特養)とは


特別養護老人ホーム、通称:特養は、要介護度が重い、主に要介護3~5の方が入居する老人福祉施設です。運営は社会福祉法人や地方自治体です。従いまして民間ではなく公的な施設となります。
重度の要介護者が中心に入所されていまして、長期入所が可能で、費用負担も少ないのが特徴です。
特別養護老人ホーム(通称:特養)は重度の介護を要する方、例えば「寝たきり」の方が24時間様々な身体介護や生活の援助を受けることができます。
レクリエーションの提供もあり、重度の方の生活の場です。
ほとんどの方が、一度入所すると余生を特養で過ごします。
特別養護老人ホームは「終の棲家」的な役割を果たしております。
また居室数が29部屋以下の「小規模特別養護老人ホーム」という特養があります。
小規模特養は地域密着型ですので、ホームのある市町村の方しか入所できませんのご注意を。

 

運営:社会福祉法人

 

特別養護老人ホームの入所条件

特養に入所するには条件があります。
65歳以上の要介護認定者で、要介護3、4、5の介護度の方が対象です。
認知症の方の受け入れも可能ですが確認が必要です。
年収が低い方が優先されます。

 

特別養護老人ホームの設備

・居室:多床室と個室があります、それぞれトイレや浴室、洗面は設置されておりません。
・浴室:機械式浴槽が設置されているのが一般的です。
・食堂とリビングがあり、ほとんどが一緒になります。
・理容室は有りませんので外部サービス等が受けれるか確認が必要です。
・洗濯室:大きな洗濯設備があり、入所者の洗濯物をまとめて洗います、洋服、下着に名前を書くことが必要です。

 

特別養護老人ホームの費用

特養の入居費用は様々な条件があり異なる第4段階により決定します。
基本的には収入が少ない方に優遇するようなシステムです。
これを「介護保険負担限度額認定」といいます。
市町村役場、役所にて必ず確認をしてください。
様々な条件が有りますが概ね「5万円~13万円」程度になります。

 

特別養護老人ホームのメリット

・利用料金が民間の老人ホームやグループホームに比べて安い
また、年収(年金収入)やご家族の年収等、第一段階から第四段階まであります。
市町村によっては食費の援助を受けることができます。
・24時間体制で介護、生活援助を受けることができます。
・レクリエーションや遠足等の年次行事があります。
・入居一時金はありません。

 

特別養護老人ホームのデメリット

・入居条件が要介護3、要介護4、要介護5と限定的です。
・医療処置は、現定的で施設により受けることができない、入居できない。
・回復を目的とした、処置やリハビリテーションが少ない。
・申し込んでからの待機待ち期間が長い。
・居室に基本的にトイレや洗面が付いていない。

 

特別養護老人ホームで待機待ち

特別養護老人ホームで1年以上の待機待ち、困ってしまいますよね。
実はこんな時は、申し込みはきちんとしておいて、別の種類のホームに入居しましょう。
例えば、小規模の住宅型老人ホームで介護に対して前向きに取り組んでいるホームがお勧めです。
外部介護方式といっても、事実は直行直帰でホームに勤務している職員ですので、介護付き有料老人ホームとまったく遜色ない住宅型有料老人ホームが探すと沢山ありますよ。
関東でいえば、北関東あたりに、利用料もお手軽な住宅型有料老人ホームが沢山あります。
是非探してみてください。
そして特養の待機待ちをしながらのんびり暮らしてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓