教えて!老人ホームの選び方
教えて!老人ホームの選び方 > 老人ホーム施設の種類 > 介護付き有料老人ホームとは
介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは


介護付き有料老人ホームは、各都道府県から「介護保険の特定視閲入居者生活介護」の指定を受けた民間事業者によって運営される有料老人ホームのことをいいます。
入居対象者は60歳以上で、要介護1以上の方を入居対象に限定した「介護専用型」と、要支援や介護認定されていない方も入居できる「混合型」、外部事業者による介護サービスを利用する「外部サービス利用型」があります。
介護付き有料老人ホームは、受け入れる高齢者の要介護度の幅と提供するサービスの幅がきわめて広く、ホームによっては介護はもとより機能訓練氏によるリハビリ、施設と提携した医療機関の対応、常勤している看護スタッフによる健康管理や地域との交流会などを行っている施設もあります。

 

運営:民間企業、NPO法人他

 

介護付き有料老人ホームの入所条件

原則として65歳以上になります。
介護付き有料老人ホームによって、認知症や寝たきり、胃瘻(いろう)など重度の要介護者限定で受け入れるところや要支援から要介護認定されていない方も受け入れるところ、あるいは感染症にかかっていない方、身元引受人がいる方など、施設によって受け入れ基準は様々なので直接、施設に問い合わせることが大切です。
また、ほとんどの方が「終の棲家」として生活する場所ですから費用、居室、介護体制や緊急時の対応など十分に納得できる施設を探すことをお勧めします。

 

介護付き有料老人ホームの設備

・基本的に13㎡以上の個室があり、居室によってそれぞれトイレ・キッチンが設置されています。
・トイレは居室のある階ごとに設置しています。
・浴室は身体の不自由な方が入浴するのに適したものです。
・一時介護室が地階ではなく適当な広さとプライバシーが確保されています。
・食堂は機能を十分発揮し得る適当な広さがあります。
・機能訓練室があります。
・健康管理・相談室があります。
・理美容室があります。

 

介護付き有料老人ホームの費用

介護付き有料老人ホームの入居には入居一時金と月額利用料が必要になります。
入居一時金は各施設によって異なり、ゼロの所もあれば、数千万円かかる所もあり、その形態は様々です
月額使用料とは家賃・管理費・食費のほか、介護保険料の1割負担金、や医療費やおむつなどの介護用品費があり、入居者の介護度や施設によって10万円~30万円程度とかなり、差があります。
(介護保険料はそれぞれの介護度や、月額サービス利用頻度によって異なります)。

 

介護付き有料老人ホームのメリット

・介護サービスが24時間体制で施設の介護スタッフが行ってくれる。
・看護師が常勤している施設では、医療面のサポートが充実しており、少数ではあります
が、経管(鼻腔)栄養のケアも行っている施設がある。
*経管(鼻腔)栄養: 経口摂取が不可能・不十分な患者に対し、対外から消化管内に通したチューブを用いて流動食を投与する処置のこと。
・日常生活を送るという生活拠点として、食事介助・入浴・排泄会場などの介護サービスや、居室の掃除・洗濯などの支援、健康管理・健康相談を行ってくれる。
・重度の介護状態でも、住み続けられる施設がある。
・施設内でのサークル活動、入居者同士の交流や様々なイベントを行っている施設も多い。

 

介護付き有料老人ホームのデメリット

・入居者ご本人様が、あまり動かないことから、個室が13~20㎡と狭いこと。
・介護に重点を置いているため、共用施設が充実していないことが多い。
・介護などに人手が掛かることから、月々の費用が割高になりやすい。
・自立できる人が入居する施設が少ない。

 

介護付き有料老人の費用負担について

介護サービス費は要介護度によって異なりますが、介護付き有料老人ホームでは介護度に応じて上限を設け、月額定額料金が掛かる設定になっています。
施設の設備や職員の体制、施設で対応する処置やサービスに応じて個別費用として
「個別訓練加算」「医療機関連絡加算」「夜間看護体制加算」などが発生し、その1割が自己負担となるので、月額利用料が他の有料老人ホームと比べて高くなるのです。
介護・看護料金以外にも健康管理費や理美容代、レクリエーション費なども入居者が実費負担をするので、その分、費用が嵩むわけです。
料金設定については担当のケアマネージャーさんによく、伺っておくことをお勧めします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓